toggle
2019-05-02

鹿角で作った革道具 -Native Amerin’s Tools-

ネイティブアメリカンの方々は革を扱うための道具を自分たちで作りました。

コバ(革の断面部分)を磨くための道具は鹿の角で作っていました。

鹿の魂を出来上がるモノたちに込めていくのだそうです。

それを身に付けることにより、神(動物たち)に守られていくという考え方。


こちらは自主製作時にtarouさんが作った鹿角のスリッカーです。

とてもよく出来ています。

想いを込めるための道具です。

関連記事