toggle
2018-11-29

鋳物で作る金具 -Casting metal fittings-

鋳物という言葉を知ってますか?

なかなか普段は聞くことのない言葉ですが、革でモノ作りをしていると金具のお話となると耳にすることがあります。

平たく言うと、多種の金属を熱して溶かし、型に流し込んで形を生産する技術です。

革物作りでいえば真鍮金具をよく使います。

身近にある真鍮の金具がどのように作られていると考えたことがあるでしょうか?

灼熱に溶けた真鍮原料が一つ一つ砂の部屋の中で冷えて固まり、お化粧をされて手元に届いているのです。

不思議な感じがします。


身近なものだと、やはり少し厚みのある金具類かなと思います。

住宅の建具などのも使われているかも知れません。

昔は貨幣にもつかわれていたようですが、現在の日本では使われておりません。

よく見て考えないと分からないものですが、日常生活の中に必ずと言ってよいほど鋳物で作れたものがあります。


shujiworksは今回ご縁があり、浅草から15分ほど歩いたところにある金具屋さんに行きました。初めて行く金具屋さんです。

その金具屋さんは、砂を使って型を取りそこに真鍮を流し込み製作しています。

製作の流れは、まず作りたい金具のモデルを製造し砂型にはめて金属を流す。その後、研磨や薄い塗装を施し完成します。

自分も初めて見ましたがこちらが、金具のモデルです。

製造のし易さや金属の流し易さを考慮し、丸みのある暖かなデザインのモデル。

長年培った製造のノウハウがあるから出来るデザインだそうです。

ただカッコいいものだけを作るだけじゃないところがさすがです☆

そして次は砂型に金属を流し込んだ直後の写真です。

このパーツを砂型から外し、湯口(金属を流し込む道)を切ります。

まだ武骨な感じの金具。自分はこれはこれで好きです。

出来立ての真鍮金具はこんな感じに黒色をしています。

そして軽く研磨したものがこの写真。

つるつるしてなくマットな仕上がりですが、こちらはこちらで好きです。

表面のテクスチャーで金具がこんなにも違く見えてしまうんですね。

驚きです。


製造工程を社長さん自らがしてくれました。

とても熱のある社長さんで、モノ作りを真剣にしていてとてもお話しが面白かったです。

金具の材料に昔の水道管や真鍮の廃材なども使って製造しているそうで、そのお話しも大変興味深いものでした。

歴史から現在の金具業界のお話しも聞かせていただきました。

熱のある人から聞く話はどんな話でも面白いと常に思っておりましたが、改めて実感いたしました。

そしてそんな熱意のある方々が作ったモノ作りを使いたい!と思いましたと心より思いました。

気が付くとあっという間に時間が過ぎてしまい、お邪魔になり過ぎないように金具屋さんを後にしました。


電車に揺られながら工房に戻る道中に考えます。

何気なく使っている金具も知れば知るほどいろんな人の思いや物語が存在し、日々試行錯誤を繰り返し手元に送られてくることを。

知らないだけで済ませちゃ勿体ない事がたくさんあるんだろうなーと。

また金具側の熱に負けないくらいの熱でこちらもモノ作りしなくてはと改めて思います。気を抜いたら負けちゃいそうです。

そんなことを想いながら国立に向かいます。

関連記事