toggle
日記
2017-01-01 | 日記

2017年の最初の日 -First day of 2017-

2017年 明けましておめでとうございます。

shujiworksは今年、喪中ということを母に1月1日00:01に聞くという驚きから2017年が明けました。

今年もみんなが幸せで楽しい年になるように頑張りたいと思います。

健康第一ですね、そのためにも☆


 
 
 

新年早々に海に兄と拾い物に行きました。

貝に石に骨に実に。

知らないカタチ、色、ラインそんなのの良いもの探し。

なかなか理解されにくいことですが、楽しいんですよーなかなかに。

2017年はどうなることやら。

一生懸命に頑張るのみですね!!

Treasure hunt

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2016-12-31 | 日記

2016年の最後の日 -Last day of 2016-

2016年12月31日です。

今年が終わります。

相変わらずいろんな方々のおかげで愉快な一年でした。

shujiworksにもう1人の服飾・靴・修理の専門の先生が加入され、ずいぶんパワーアップした年な気がします。

学ぶことがたくさんあり、日を増すごとに少しずつ成長していることを感じます。

成長することをうれしく思えることがまた嬉しいことです。

しかし全体的にはいろんなことに振り回されて主体が自分でなかったかな。

2017年は自分で自分を試せるように、少し困らせるくらい負荷をかけて楽しもうと思います。

関わってくれた皆さま、本当にありがとうございます。

shujiworksの2017年は相変わらず一歩一歩前に楽しく進んでいきます。見て笑ってもらえたら幸いです。

sunset

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2016-12-25 | 日記

Make buckwheat noodles -初めての蕎麦作り-

蕎麦作りの道具一式を昨年に頂きました。

もうすぐ年越し。年越しそばを打つかーと思い立ち蕎麦打ちをすることにしました。

貰った資料やインターネットで調べて作戦開始です。

soba1

んーなかなか難しい。

そば粉ってなかなかまとまらないし、丸めた端からボロボロとしています。

心配・・・。

soba2

折りたたんで切ってみます。

トントントンとは行かず、一包丁ずつ気合を入れます。

細っちょも太っちょもいます。蕎麦のようなーうどんのようなー。二八蕎麦なんだけどなー。

なんとなーく蕎麦にはなったけどねーなんか・・。

soba3

飾り付けるとなんとなく蕎麦。

味はまあまあー。しかし腰は強すぎ。

のど越しは腰のせいで喉を越すのが大変です。腰が強ければよいわけではないですね(笑)

年末までもっと練習し、帰省したら母に作ってあげようかなと思います。

初めはこんな感じ。続ける事が大切ですね(笑)

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2016-12-04 | 日記

Hat making with everyone – 自主製作で木型を使った帽子作り –

hat

自主製作というみんなが各々好きなものを作る時間があります。

型紙から作ったり、修理したり、縫製や漉きの機械をつかったり。


先月にそんな時間を使って、「みんなでフェルトの冬帽子を作ろう!!」となり、木型やらやらをみんなで準備し自主製作をしました。

準備期間1カ月弱。製作意欲がすごいです。大人の勢いすごいです。


そして、すっごくカッコいい帽子1個ずつを製作しました。

飾りつけしたらしっかり完成品の写真を撮らせてもらおうと思います。


教えてくれたiwa先生、ありがとうございます。

作る幸せってやってみなきゃわからないもの。
  
そんな自主製作も良いですね☆

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2016-11-20 | 日記

Hunting season 2016 – 今年も猟が始まる-

Hunting season 2016

今年も猟が始まりました。

駆け出し猟師の自分はまだまだ勉強がたくさん。

昨年よりは先月よりは昨日よりは良くなるように。

山のルールを師匠たちに怒られながら学んでいます☆


いまは自分の場所を作ってしまったからあまり怒られる機会がないのですが、見習いって楽しいものです。

いつまででも見習いでもいいかも。

そして多くのことを吸収しどんどんと大きくなりたい。

なんのためかは後にならなくちゃわからないけど、それで良いって直感が教えてくれる。

歩を前に進める。

感謝をしながら。

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2016-11-08 | 日記

Leather gloves – 革手袋の製作 –

leathergloves

もう冬と言ってもいいかもな時期。

遅ればせながらshujiworks(FUKU)は革手袋を作りました。

かっこいい手袋を求め、4回もサンプルを作りできた革手袋。

今はワンサイズですが、違うサイズもどんどん製作しています!

今年の冬は手袋も自分で作れるようになります~☆☆☆

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2016-11-01 | 日記

For the first time of handmade Clock – 初めて作った時計 –

2016-10-23 | 日記

New apron wear a leather button – エプロンとボタン-

New apron wear a  leather button

エプロンを作ってもらいました。

いままで使っていたエプロンは10年以上前に貰ったモノでもうボロボロ。見かねたfukushimaさんが作ってくれました。

ボロボロはボロボロで好きなのですが・・。

作って貰ったモノって特別にうれしいです。

しかし、そのまんまじゃ嬉しはずかしい感じですのでクルミを入れたクルミバッチをたくさん取り付けて飾りつけ。強くなった気分!

象さんバッチもaokiさんにもらったもの。それも付けます!!

いろんな方からいろんなものをもらって自分がここにいます。

そして何十年も使い続けて行くんだろうなぁーと考えるshujiworksです。

ありがとうございます、みなさま☆

New apron2 wear a  leather button

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2016-10-02 | 日記

Friends with sewing machine – 新しい道具を知ることで広がる世界-

kama

手縫いで革を縫うのは、一目一目を丁寧に意識しながらきれいに縫うため。

あと、もう一つ。

自宅でもどこでも気が向いたときいつでも手軽に縫えるということ。

縫う作業を大きく分けると、「手縫い」と「ミシン縫い」に分けられます。(ハンドミシンなるものもありますが・・今回はほっておきます)

手縫いは針と糸があれば縫えるけど、ミシン縫いはミシンがないと縫えません。

ミシンは高価だし場所も取るしなにかと大変。

手縫いってすごくきれいに縫えます。だからせっかく作るならとどうしても手縫いばかりになってしまう。

でも特に手縫い信仰みたいなものがあるわけではありません。気持ち的に好きというだけ。

もちろんミシン縫いも面白いです☆革モノ作りはミシン縫いから始めた自分です。

革モノ作りで大切なのことは、楽しく作るということ。また楽しく作り続けること。それに尽きます。

手縫いは楽しいと思って勧めるけど、ミシンで革モノ作りしてみたらすっごく楽しいという方もたくさんいます。

好きなように作る。それが良いです。

手縫いしか知らない人には是非ミシンにも触れて欲しい。手縫いの良さをもっと知るためにも。

自分らしく作るというのはいろんな技術や道具や材料を知り、その上に好きなデザインを好きな場所で楽しい時間と共に積み上げていって欲しいなって思うのです。裾野を広げれば広げるほど、その上に大きな山を作れるそんなイメージ。

もちろんミシン縫いしか知らない人は手縫いもして欲しい。同じ意味として。

最近、ミシンのアタッチメントを購入しました。

アタッチメントとはミシンに取り付けて使う道具の事。ミシンのできる事を増やしてくれるアイテム。

今回は丸持ち手(中に紐芯が入っているハンドル)やパイピング(玉縁)やバインダー(巻きべり)などを簡単に縫うことが出来る道具がshujiworksに仲間入りしました。

市販されている鞄やバッグはこんな風に作っているんだと知るために。

また少しでも経験値を上げて、知りたい人にそんなお話しが出来たらいいなと思って。未来に量産することを考えている人や、手縫いとミシンのミックスやりたい人がお話しを聞きたいかも知れないから。

よく手縫いばかりやっているけれど、手縫いばかりを突き詰めて知るのもとても良いこと。

しかし、いろんなことを知っておくに越したことはないとも思う今日この頃のshujiworksなのです。

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

1 2 3 4 5 6 7 8