toggle
日記
2017-04-10 | 日記

The season of spring -春 –

sakura

長い冬をくぐり抜け、春がやってきました。

電車から降りると国立駅の前は桜が満開です。

新しいことが始まるそんな慌ただしさを感じながら、工房にむかいます。

晴れた日のこんな暖かい日は、すれ違うひとびとがみんな幸せそうに見えます。

sumire

工房の前にも桜ほど華やかではないけど、春がでてきました。

自宅の庭に毎年咲くすみれの原種。植え替え無事に成功し咲きました。

musukari

青いムスカリに混じって咲くムスカリ・ゴールデンフレグランス。

青と黄色のグラデーションがなんとも不思議です。

nijinotama

冬の寒さに耐え紅葉したセダム・ニジノタマ。

小さな鉢に仲間をいっぱい増やし、燃えるような赤になっています。


忙しい春だけど、季節を感じながらなるべく普通に無理せず楽しめるそんな歳にしたいなーと考えるshujiworksです。

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2017-03-22 | 日記

White Day -3/14 –

毎年この時期になるとクッキーを焼きます。

日々の感謝とバレンタインのお返しのため。

今回はなんと総量7キロをこねました。こねにこねました。たくさん散る小麦たち。つまみ食いを誘うバターの香り。立ちっぱなしで足が痛くなるも、暴れるボウルを片手に頑張りました。革でなく一生懸命なにやってんだろーと思っております。

cookie2017

毎年、今年で最後と最後と思う。せめて違うものを作ろうと思うのですが、この時期特有の忙しさで頭が回らず同じものを作っております。

cookie2017

それでも梱包を変えたり、内容を変えたりと昨年よりより良くと思いながら。

cookie2017

来年は「フロランタン」にしたいなーと今は思ってます☆

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2017-03-06 | 日記

Hand made candle -キャンドルを灯す-

candle

手作りキャンドルを初めて頂きました。

蝋燭を灯すような優雅な生活に憧れますが、落ち着かない性格上灯して忘れて怖い思いをしそうな気がしてアロマキャンドルにも手が出ない自分。

しかし手作りとなると点灯式さながらに真剣に灯す様を観察したいと思います。

ありがとうーsugiuraさん☆

新しい扉を拓く鍵になるかもです♪

いつ灯そうか考えると楽しくなってきます。

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2017-02-28 | 日記

My favorite sensibility – 感性ってなんだろう –

mountain bird

 
 
 
 

好きなものを作る。

作るを知っている人はたくさんいる。

でも自分を通して見て、感じたものは自分だけのもの。

 
 
 
 

始めては、ぎくしゃく作る。出来たものが好きになれず嫌な気持ちもする。

それは好き、嫌いがはっきりわからないから。手に触れられるようになって初めて思い知る。

でも、出来上がったモノの良い点悪い点を知り、自分を鼓舞させて次を作る。

いろんなものを観察し、大雑把だった見る目が少しずつ細密化していく。

反映してまた作る。

結果ではなく工程を好きになってくる、人にはわからない気持ち。

少しずつ自分の好きなモノに近づく。

また一歩って欲求が出て、どんどんと作る気持ちが膨らむ。

人に見せたくなる、使って貰いたくなる。

理解していたことを超えたものが返ってきて、また作りたくなる。

気が付いたら貯まっていった好きという感性が新しい創造を産み、手を動かし出す。

自分の好きなものが作れるようになる。

これは「センスよく作るにはどうすればいいですか?」や「下手過ぎて嫌になるんです」という人にするお話。

 
 

 
 

自分が初めて作った革モノ。幼馴染にプレゼントするも「要らない!」と断られた。

負けないぞーって続けて15年。

いまはそこそこ良いものが作れていると思います。

自分が作ったものがとても好きです。

続けるって大切です。今の自分を楽しみこれからの自分を楽しみにするそんな感じです。

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2017-02-25 | 日記

Making things 20,000 years ago and making horn products -2万年前のモノ作りと角モノ作り-

Mural

フランスの西南部ヴェゼール渓谷という場所にクロマニョン人の残した壁画がある。

1940年に犬の散歩をしていた少年が偶然に発見した場所(ワンちゃんが洞窟に落ちて見つけたというお話しだそう。ナイスなワンちゃん☆)

なんのために書いたのか。もちろん電気もガスもなく絵具も筆もなく、今日のご飯さえ心配だったはず。

思いを馳せ今の時代、今の自分と比べると生命の力強さが格段に違う気がします。


そんな洞窟の中には縫うための道具が落ちていたそうです。

寒さをしのぐ為に毛皮を縫い合わせ身を守る服を作った。 道具名を「針」と言います。

2万年前の針。

骨や角を石の砕いたもので削りだし、研磨して作ったもの。

Needle

現在のカタチとまるっきり同じです。

針と傘は進化しないんですね。

針一つ作れるか作れないかで命を左右しかねない問題に。(寒くて大変、身を守れない!!)

針の凄さに気が付くことが出来きました。

そんな道具をみていたら自分も作りたくなってきます。

なので、猟をして獲った角を加工して革の道具を作ってみました。

革のコバを磨くための道具(スリッカ―)です。あと飾りを入れるための道具(ネン)の用途も合わせたものを作ってみました。

horn

試してみるとなかなか良い感じです。

アメリカの先住民であるネイティブアメリカンが使っていたという道具。

これで作ったら大自然のダイナミズムも込めることができそう。

horn2

とても贅沢な道具ができました☆

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2017-02-13 | 日記

Sheep Bread -羊のパンを貰った-

sheep bread

羊パンを頂きました。

比較するものがないのでサイズがわかりにくいのですが、結構大きいです。(ありがとうバッジが5cmくらいあります)

こちらこそいつもありがとうなのに頂きました。

しかもお取り寄せまでしていただき・・・。

んーどこから食べようかすっごく悩みます。

頭?おしり側?・・・頭だけ残ってもなんかやだし、お尻だけ残ってもなんかなぁと。

面白いものがたくさんな世界でよかった☆

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2017-01-28 | 日記

Miyo plays the guitar -ギターの演奏を聴く-

Miyo plays the guitar

miyoさんという方が工房にてギターの生演奏をしてくれた。

CDでもレコードでもない音。いろんな音源で聞くもやはり生音に勝るものはない。

濃縮還元ジュースとストレートジュースの違いはここだねって思う。

同じものをきれいに並べるのではなく、ぱっと砂を撒くような無秩序な旋律が面白味となる。

次回はどんな音を聴かせてくれるか楽しみにしています、miyoさん☆彡

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2017-01-01 | 日記

2017年の最初の日 -First day of 2017-

2017年 明けましておめでとうございます。

shujiworksは今年、喪中ということを母に1月1日00:01に聞くという驚きから2017年が明けました。

今年もみんなが幸せで楽しい年になるように頑張りたいと思います。

健康第一ですね、そのためにも☆


 
 
 

新年早々に海に兄と拾い物に行きました。

貝に石に骨に実に。

知らないカタチ、色、ラインそんなのの良いもの探し。

なかなか理解されにくいことですが、楽しいんですよーなかなかに。

2017年はどうなることやら。

一生懸命に頑張るのみですね!!

Treasure hunt

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

2016-12-31 | 日記

2016年の最後の日 -Last day of 2016-

2016年12月31日です。

今年が終わります。

相変わらずいろんな方々のおかげで愉快な一年でした。

shujiworksにもう1人の服飾・靴・修理の専門の先生が加入され、ずいぶんパワーアップした年な気がします。

学ぶことがたくさんあり、日を増すごとに少しずつ成長していることを感じます。

成長することをうれしく思えることがまた嬉しいことです。

しかし全体的にはいろんなことに振り回されて主体が自分でなかったかな。

2017年は自分で自分を試せるように、少し困らせるくらい負荷をかけて楽しもうと思います。

関わってくれた皆さま、本当にありがとうございます。

shujiworksの2017年は相変わらず一歩一歩前に楽しく進んでいきます。見て笑ってもらえたら幸いです。

sunset

shujiworks手縫い革教室 手縫いの鞄教室 レザークラフト教室 体験教室 東京都中央線国立駅 徒歩7分

革小物修理  革もの修理  革の財布修理  革手袋修理 革のバック修理  革のベルト修理革のショルダー修理  革のトランク修理 革のパンツ修理 革靴修理 革ジャン 革ジャケット修理

 
 
 
 
申し込みボタン
 
 
contact line

1 2 3 4 5